読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うれしい!たのしい!大好き!

何でもできる強いパワーがどんどん湧いてくるよ

Myojo11月号1万字インタビュー

jwest magazine

やっと台風nロスが解消されてきてジパングはよみたいいいいい><ってなってる。夏が終わって秋にも楽しみがあるの最高だね!
早く現場の発表こーーい。
今日は久々にMyojoを買った話するよ

エイトが載らなくなってから久しくアイドル誌は買ってなかったんだが、WESTに熱を入れあげるようになってからは割と手に取ることが多くなっているかもしれない。今回は1万字がはまちゃんということで先月から絶対に買わなければと思っていました。
長くなるけど誰もみてないしいいや。

そもそも私がWESTというか関ジュを応援するようになったのは、内の復帰コンで、ばとぼが気になったからです。ばどがごくせんに出た頃からぼんやりとみてはいたけど好きになったのはその時だったと思う。
その中でも私は、BOYSのなかただいちくんに堕ちました。垂れたおめめにごつい体格から繰り出される的確なツッコミ、周りもドン引きなくらいのドS番長っぷりに重心低めのダンス*1、歌詞に忠実にフリしちゃうところとかはまちゃんへの愛が重すぎるところとかもう何もかも好きでした。
なによりはまちゃんとだいちくんのふたりの空気感が好きで、わたしにとってこの人たちのデビューを見届けたい!と初めて思えたJr.のユニットでした。もう半ば降りかけてるだろって思うくらい必死に見てて、自分の大学受験が終わったら、降りて大阪通いつめるんだ!!!!と息をまいていました。

それが2010年の冬の話。エイトの京セラでのべてばとぼのびくげのレポを読んでそんなことを考えてた。
そして2011年。年が明けて春が近づいてきたころ、関ジュの西日本ツアーが始まって、気が付けば彼はいませんでした。4/1の男前ラジオには、生徒会長の声はなくて。何で?どうして?何があったの?誰にもわからなかった。もちろんいろいろ憶測はあるけど本当のことは今になってもわからない。でもそのとき私はまたひょっこり戻ってくるんだろうなって思ってた。自分から辞めるなんて言い出す人じゃない。だって「この世界で生きていく覚悟決めた」とか言ってたし、はまちゃんに「ふたりでてっぺん目指そうな」って言っててその言葉を信じてたから。
でもそれは見事に裏切られた。あんな形で、知るなんて辛すぎたな今思えば。ほんと悲しさとか怒りとか後悔とか一気にこみあげてきて、同時に、はまちゃんに対する申し訳なさを勝手に感じてた。2人でひとつなのに。何してんのって。はまちゃんはどうなるんだろって。BOYSがなくなるのこわかった。そのあとしばらくはだいちのいない関西を見るのが辛くて、はまちゃんの隣にだいちがいないのがつらくて、ひとりになったはまちゃん見てるのが辛くて、しばらく離れてた。それからいろんな子が辞めていったのを聞いたりしていて、でも頑張ってる関ジュの話きくとデビューはしてほしいなって思ってたし、カウコンであの4人しか選ばれなかったときはショックだったし、なにわの初日に7人のデビューが決まった時にはすっごく喜んだ自分がいました。
こんな感じで関西のことはゆるっとみてきていて。BOYSが好きだったからやっぱりはまちゃんに対しては人一倍思い入れがあるというか。あの時のことどう思ったんだろっていうのがどうしても知りたくて、だから1万字は絶対読まなきゃと思ってた。

「意地でもやめないって決めてました。デビュー絶対してやるって。ファンの子に変に気をつかわれて、やさしくされたんですね。いやいやいや、誰もやめるって言ってへんし。やる気満々だし(笑)ありがたかったんです。でも気をつかわせてしまった。だからデビューして、安心してもらいたいなって」

あああのときの私間違ってたなあって思いました。なに勝手に申し訳ないって思ってたんだろって。はまちゃんかわいそうっておもってたから。こんな風に思って人に対して失礼だよね。いま考えれば。でもほんとう意地でもやめないでくれてありがとうって思った。ふたりではかなえられなかったけどあの時二人が言ってた夢をかなえにいこうってしてるんだなあって。はまちゃんがそんな風におもってたなんて全然知らなくて、でもそうやってやめないでいてくれたからいまがあるんだって思ったらほんともうはまだ好きすぎて辛いってなる。
だいちのことにも触れてて、あれは100%彼が弱かったせいだなって思うんだけど、それでも「もし近すぎて、その価値がわかりづらくなっている人がいるなら、改めてどれだけ大切な存在なのか見つめなおして欲しいし、その気持ちを本人に伝えてほしいって思います。」と言っていて、はまだくんとしても何か彼にしてあげれよかったと後悔することがあるんだなあって思った。
まあ本人のせいだし、はまちゃんが後悔する必要なんてないと思うけど。それでもやっぱり、BOYSは最高の二人だったと思うし、はまちゃんの隣にはいつもだいちがいてほしかったし、それが一番似合うって思う。あんなことになったからもう二度と見れないし今は並んでほしいとは思わないけどね。それから、ふみきゅんとかにも、やめるって心配されてたみたいで、彼がやめたことという衝撃は東の方にも伝わってたんかなとちょっと思った。
今回の1万字で、3年間なんかもやもやしてた気持ちが晴れたような気がきがしています。改めて濱田くん、デビューおめでと。

あとデビューのところでは、流星くんがすっごいかっこいいなと思った。それが、「俺はなんとしても入るよ。濱ちゃんもあきらめんなよ」ってやつ。7WEST時代を見てたと言ってもゆるくだったわけでだから、ほぼ深山なわたしとしては流星くんってこんなこと言うんだってすごく驚いた。たぶん、精神的に相当滅入るような状況だったと思うんだけどそんな風に言えちゃう流星くんってなんてかっこいいんだろうと早く流星くんの1万字も読みたいなと思った。

来月は我らが望くんです。どんなこと話すんだろうなあって思ってる。私が初めて望くんを認識しはじめた時、望くんは「いい加減好きって気づけよ」とか言っちゃうような子だったから、もうとんでもない中学生きたwwwwwwwwwwwって感じでわりと2枚目の印象があったんだよね。いかに今の2.5枚目かつ育ちすぎた大根かつ自称恋愛マスターかつ男前なザキヤマかつ変態甘えん坊末っ子のんすけ*2にキャラ変したのかその経緯とかも知りたいなあ〜。あとはあんまりデビューについて野心があるようでもない気がしていたからデビューについてとかどう思ってたんかなあってのも知りたい。来月号も楽しみである。

*1:だいちくんのダンスがやっぱりいまでも一番かもしれん…

*2:disではない